マザーアース フェアトレード・ピュアシアバター が出来るまで

マザーアースはガーナのグループが作るシアバターをフェアトレードで輸入すると共に、伝統的手法をアレンジし、更に高品質シアバターを製造する方法を広めるなどグループのサポートを行っています。

ガーナ #

ガーナ北部に位置するタマリ地区 ガーナの首都アクラより高速バス に揺られること12時間でタマリの 村に到着

ガーナ ガーナ
シアバター シアバター
日本で商品化したシアバターをお土産に持って行きました。 シアの木は25年かかって最初に実をつけ40〜50年で熟期に入ります。
シアバター シアバター
シアの木は神聖な木といわれ、不運を追い払う 不思議な力があるとつたえられています。 この実はとても貴重で、収穫できるのは女性に 限られていました。 種の中の仁(右)

高品質シアバターの製造法1 粉砕〜

シアバター

仁を洗い、日干しをした後に粉砕機にかけ ます。

シアバター

3人で分担、機会仕事は男性と決まっています。随分細かくなりました。

シアバター

粉砕した仁を薪の上で約1時間、焙煎し ます。これはかなりの重労働でした。

高品質シアバターの製造法2 焙煎〜圧搾

シアバター

焙煎後は釜から取り出し荒熱をとります。

シアバター

辺りには甘いチョコレートのような香りが 漂います。

シアバター

焙煎した仁を指で潰すとオイル成分が染 み出てきます。

シアバター

一晩冷まして、翌朝早朝から圧搾機に かけます。

シアバター

凄いモーター音だが、ペースト状になるのは とてもゆっくりで時間がかかります。

シアバター

1バッケージを圧搾するのに40分も要し、 朝6時から開始し、約5時間で終了。

高品質シアバターの製造法3 練り工程〜

シアバター

チョコレート状になったペーストを練ります。

シアバター

2リットルのミネラルウォーターを30箱準備。 少しずつ、水を加えてひたすら練ります。

シアバター

最初はかなり固くて重いですが、水を加える 度にホイップ状に柔らかくなってきます。

シアバター

11人全員で練ります。おしゃべり好きな皆は 重労働にも関わらず、楽しそうです。

シアバター

私のバケツは小さかったので30分くらいで 乳化したホイップ状になり浮いてきました。

シアバター

皆はもっと大量に練るので1時間近くかかり ます。7時間かけて終了。

高品質シアバターの製造法4 火入れ〜

シアバター

一晩置いたホイップを運ぶアザーラさん

シアバター

一晩置くことで、水分が抜けていきますが、しっかり沸騰させることで、余分なアクが表面 に浮き上がってきます。

シアバター

大きな薪を使い、丁寧にアクをすくいます。

シアバター

アザーラさん火入れの名人。

シアバター

風向きによってはかなり煙たくて、目が痛く なります。

シアバター

何度もすくい続けていくとだんだんクリアな オイルになってきます。

高品質シアバターの製造法5 濾し〜充填

シアバター

すっかりキレイになったシアバターの荒熱を 取ります。

シアバター

濾し器で濾過をしながら充填します。

シアバター

この充填のあと、日本に空輸し、日本では 再度、ペーパー濾過を繰り返します。

シアバター 今回お世話になったリーダーのアザーラ・フォシーニさん お孫さんのヤヤ・モハズーさん。 ヤヤさんは英語を話すことが出来るので、通訳も兼ねてくれました。 ヤヤさんのお爺さんはこの村の村長さん。 ご一緒には撮影できませんでしたが、村長の家にもご挨拶に伺いました。 村長とは直接話すことはできず、メッセンジャーを介して会話をしました。 村の皆さんは本当に明るく、おしゃべりや、笑い声が絶えない素敵な方々ばかり。 特に子ども達は元気一杯!きっと昔の日本もこんな感じだったのでしょう
シアバター シアバター
村の子ども達には折り紙とコマを 持っていきまいた。 サッカーをする時も裸足の子ども達 日本でサッカーをプレイしている息子 も全く敵わない体力と瞬発力の持ち 主達。将来が楽しみです!